• TOP
  • > お知らせ
  • 最新情報
  • > 出張授業 「農家のしごと」

お知らせ

出張授業 「農家のしごと」2012年11月14日

IMGP8345.JPG

 

 

 

11月8日、当JA指導開発課の伊丹職員が

三島市立北上小学校で出張授業を行いました。

 

 

 

 

IMGP8362.JPG

 

参加した児童は55名で、

授業のテーマは「農家の仕事」。

「市内の各地区でどんなものを作っているのか?」

という話からスタートし、

「作物の旬」や「箱根西麓はどんなところか?」

ということを学びました。

 

 

 

その中でも「三島馬鈴薯」について勉強しました。

三島馬鈴薯を生産する農家さんの1年間の生産過程では

「マルチをはる意味」や

「馬鈴薯は種を植えるのではなく、馬鈴薯を植える」ということ、

「馬鈴薯の花」に児童らはとても驚いていました。 

傷を付けずに手掘りし、風乾させることなどの

1つ1つの作業の理由や「農家さんの想い」を知るごとに、

農業への関心が高まっていました。

 

 

IMGP8354.JPG IMGP8355.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この他の箱根西麓野菜を紹介し、この日の授業は終了しました。

当JAでは今後も子供達に地域農業への理解や関心を深めてもらうための活動を行っていきます。