自己改革への取り組み
  • TOP
  • > お知らせ
  • ご案内
  • > 三島馬鈴薯がGI(地理的表示)産品に認定

お知らせ

三島馬鈴薯がGI(地理的表示)産品に認定2016年10月12日

「三島馬鈴薯」が、長年の生産者の伝統と技術が評価され、10月12日に、国の地理的表示(GI)保護制度に登録されました。全国で18番目、静岡県下では初の登録です。
「三島馬鈴薯」はメークインという品種で、収穫時期は毎年7月1日から7月31日頃です。

※地理的表示(GI)保護制度
地理的表示は、地域特有の風土や長年培われた特別な生産方法に基づいた独自の品質を持ち、社会的に定評のある産品の名称を指します。これら産品の名称(地理的表示)を知的財産として保護する制度が「地理的表示保護制度」で、2015年に運用が始まりました。これまでの登録品は神戸ビーフ(兵庫県)や夕張メロン(北海道夕張市)、くまもと県産い草(熊本県八代市)などがあります。